[JAZZと映画]sag@webry.info

アクセスカウンタ

zoom RSS チャーリーとチョコレート工場 Charlie and the Chocolate Factory

<<   作成日時 : 2006/02/07 00:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1

良い意味でも悪い意味でも、ティム・バートン監督の魅力爆発。
大人向けの絵本映画。
☆☆☆(←監督の世界観が好きな人にはオススメ)


タイ行きの飛行機で見たこの映画、面白かったんですが、何か微妙な気がしていました。
DVDが出たとの事で、迷った末に購入し、再度見直しする事に。
ちなみに購入したのは、通常版です(少々ケチってみました(笑))


ある日、長い間、人を寄せ付けなかったウォンカチョコレート工場からメッセージが発表される。その内容は「ウォンカ製チョコレートの中に、5枚のゴールデンチケットを入れ、そのチケットを手に入れた子供をチョコレート工場に招待する」というものだった。さらに招待された5人のうち1人には、特別な賞が与えられるという。
貧しい家に生まれたチャーリーは、年に一度の誕生日にしか、チョコレートを貰えない。そんな彼を他所目に1人目、2人目のゴールデンチケットが出たというニュースが流れる。。。優しい両親は、誕生日の前に彼にチョコレートをプレゼントするのだが、、、。


ティム・バートン Tim Burton 監督ジョニー・デップ Johnny Depp
(+ クリストファー・リー Christopher Leeも出てますね)
これだけで魅力を感じる人も多いはず。
更に独特の色彩感のある映像で、見るものを魅了します。

・・・でも、微妙なのです。
何故か?それは、、、





(以下、ネタばれあるかも知れません)






前半は、チャーリーを主人公として、その世界を描いており、ディズニー映画を彷彿とさせるような演出(同一の画面で時間が変わって物語が進んだり、全員がそろった動きをするような場面)で、絵本的な魅力を出すことに成功していると思います。さすが、ディズニー出身の監督という感じです。毒がある部分は、この監督の味だということで、より魅力的に映りました。

でも、チョコレート工場に入ると毛色が変わるんです。それまでのディズニー的な演出の終わりを告げるような、工場のオープニングセレモニー。燃える人形達。。。

そして、そこから主人公がチャーリーでは無くなってしまう感じが、、。
そう、ウォンカとウンパ・ルンパを見せる事に全力を注いでいる感じがするんです。
かくして、他の4人の子供達は、ただの捨てキャラクターになってしまい、ウンパ・ルンパの引き立て役に。・・・まぁ、これはこれで面白いんですけどね(笑)


そんな訳で、ストーリー的には、もう少し工場内でのチャーリーを生かすように工夫した方が良かったのでは無いかと、、。とにかくチャーリーの感情の起伏が少ないです。
前半、チョコレートでハズレクジを引いた場面が悲しいんですけど、後は、ずっと大人よりも大人で、感情移入する隙が無いんです。原作の方はどうなんでしょう??

いろいろ書きましたが、ティム・バートン監督作品が好きな人には、その味が楽しめる良い映画だと思います。ただ、この監督を知らない人で、ストーリー重視の人には、あまりススメません。(でも、原作を知っている人には好評みたいですね)



ところで、チョコレートをモノリスに見立てたシーンには、猿+白い部屋+シャワーシーンと、キューブリック映画のパロディ満載ですね。流れている音楽は、そのままのあの曲(ツァラトゥストラ)に加え、何故か後半はクイーンっぽい音楽、、、好きな風にやりすぎです(笑)

最後に、映画本編とは関係ありませんが、少なくとも、通常版のDVDはオススメできません。
やる気の無いメニュー(本編スタートしかない)ですし、、、。レンタルDVDと共用してコスト下げてるのでしょうか?これは、マイナスポイントです。特別版にすれば良かったかな、、

なお、誰もが気になるウンパ・ルンパはこの方です。
ディープ・ロイ Deep Roy
ビッグフィッシュや猿の惑星(Tim Burton版)にも出てるようです。


Amazonでチャーリーとチョコレート工場 特別版
チャーリーとチョコレート工場 特別版 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『チャーリーとチョコレート工場』(’05・米)
あらすじウィリー・ウォンカの作るチョコレートは世界中で大人気だ。しかし、その味を盗むスパイが入り込んだ為にウォンカはチョコレート工場を閉鎖してしまう。だが、しばらくすると再び工場は動き出すが誰も出入りする人を見た者はいなかった。そんな謎に包まれた工場の... ...続きを見る
虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
2006/02/08 01:24
「チャリチョコ」について語るの巻
見たわよ!何を?「チャリチョコ」を!! ...続きを見る
紅玉の甘い戯言
2006/02/10 22:32
「チャーリーとチョコレート工場」〜幸せはチョコの中に!?
2005年アメリカ/イギリス監督/ティム・バートン原作/ロアルド・ダール出演/ジョニー・デップ フレディ・ハイモア デヴィッド・ケリー    ヘレナ・ボナム=カーター クリストファー・リー ジェームズ・フォックス 世界一のチョコレート工場の経営者ウィリー・... ...続きを見る
お茶の間オレンジシート
2006/02/26 23:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。コメントありがとうございました。
私も前半と後半のカラーがガラッと変わってしまったのがかなり意外でした。
別の映画になっちゃいそうですよね。そこがやっぱりちょっと残念でした。
あまりにも皆さん大絶賛なので、言いにくい意見だったんですけどね。(^^;
紅玉
2006/02/09 16:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
チャーリーとチョコレート工場 Charlie and the Chocolate Factory [JAZZと映画]sag@webry.info/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる