[JAZZと映画]sag@webry.info

アクセスカウンタ

zoom RSS 親切なクムジャさん Sympathy for All vengence

<<   作成日時 : 2006/04/11 23:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

親切なクムジャさんは、本当に親切だった?
情けは人のためならず???
☆☆(←B級系好きな人に)


刑期を終え、出所したクムジャさん。
彼女は刑期中、ある復讐を計画、それを実行に移すため、刑務所で知り合った仲間の元へと向かう。
クムジャさんは、13年前、20の頃、少年を誘拐し殺害したと自首し、捕まった女性。
そんな彼女は、刑務所内ではその行いから「親切なクムジャさん」と呼ばれていた、、。


ずっと気になっていました。何と言っても、タイトルが(笑)
監督は「オールド・ボーイ」でカンヌ(タランティーノ)をにぎわせたパク・チャヌク監督。
(でも、あの作品、個人的に好きじゃない作品、、。)
主演は、イ・ヨンエ。TVドラマのチャングム役で有名ですね。


DVDレンタルでの鑑賞でしたが、
・・・えー、はっきり言って微妙でした。


まず、前半はツボな人には面白いとは思いますが、私にとっては微妙なシーン満載。
豆腐に始まり、御光がさしてみたり、犬ゾリとか、、。んー。
その上、話が細切れに感じて、物語に入って行きづらかったです。


しかし、これだけでは、名前負けしている!と感じ始めた時、それは後半に嬉しい形で裏切られました。


そう、この映画の見所は、何と言っても終盤の「復讐のシーン」です。
こちらで命名されている「被害者の会」は言い得て妙です!)
これに尽きると思います。私は大笑いしてしまいました。
でも、多分、まじめな人は怒ってしまうでしょう(笑)

また、クムジャさんの、何だか不思議な衣装は良い味だしてます。
水玉模様のワンピース、赤いアイシャドウ、そして、終盤の黒い衣装のクムジャさんは、その物語の進行とも相まって、ダークヒーローっぽかったです。


ただ、物語やそれを構成するアイテムが、あまり一般的な作品では無いな、と思います。
ちょっと変わった映画が見たい人、B級のノリで見られる人には、良いかもしれません。


Official web site(日本)
http://www.kumuja-san.jp/

Official web site(韓国)
http://www.geum-ja.co.kr/
(→日本語訳サイト)

どちらのweb siteも、ストーリー説明の部分が紙芝居形式みたいでユニークです。


Amazonで↓親切なクムジャさん プレミアム・エディション
親切なクムジャさん プレミアム・エディション [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『親切なクムジャさん』韓国映画
パク・チャヌク監督、『復讐者に憐れみを』『オールドボーイ』と続いた復讐三部作の最後の作品。 三部作といっても、それぞれまったく別のストーリーで何の関連も無い。 今作は誘拐殺人の罪で13年服役した主人公クムジャ(イ・ヨンエ)が、出所後、真犯人に復讐を果たす.... ...続きを見る
自分いぢり
2006/04/13 20:20
映画「親切なクムジャさん」
映画「親切なクムジャさん」を観てみた・・・。 そして、ぶっ飛びました。今年では ...続きを見る
OFFICE SAGAWA
2006/04/15 03:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
親切なクムジャさん Sympathy for All vengence [JAZZと映画]sag@webry.info/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる