[JAZZと映画]sag@webry.info

アクセスカウンタ

zoom RSS かもめ食堂

<<   作成日時 : 2007/03/08 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

フィンランドの「かもめ食堂」からお送りする、ゆったり、マッタリしたひと時。
憎めない一作。☆☆☆(←小林聡美の魅力満載!)


フィンランドにある「かもめ食堂」。オープンしてから1ヶ月経つもののお客さんが誰も入らない。
サチエ(小林聡美)は、この店を経営しているが、焦る様子も無く毎日を過していた。
そんなある日、フィンランドの青年がお店に入ってくる。記念すべき、お客さま第一号。
流暢に日本語を話すその青年、着ていたのは「ニャロメ」のTシャツ。
ガッチャマンの歌を教えて欲しい、と言う青年に、サチエは
「誰だ誰だ誰だ・・・」以外の部分が思い出せない。
悶々とした時間を過すサチエだったが、書店で「ムーミン」を読むミドリ(片桐はいり)を見かけ、
ガッチャマンの歌を教えて欲しいと切り出す。。。


原作は、群ようこ による、この映画のための書き下ろし小説。
監督は荻上直子。
あまりにマッタリと進むので、眠くなる人も居るかも知れませんが、何だか憎めない作品に仕上がってます。


その雰囲気を中心で支えるのが主演の小林聡美。
遠い異国の地で、2本の足でしっかりと立っている姿と、
そして、ほどよい力の抜け加減が出ています。好感度高いです。
料理している姿も自然で魅力的。

さらに、それをサポートする個性的な面々として、片桐はいり に もたいまさこ。
片桐はいりはその力強い風貌とは一転して、普通な気質の役柄(ただし、若干大雑把?)。
もたいまさこからは、底が計り知れない雰囲気を感じます。
こちらは、外見は普通のおばさんなんですけどね(笑)


物語上、特に大きなイベントも無く進む一作。
パッケージや広告どおりの期待値の映画だと思います。
見てみたいと感じたなら、迷うことなく是非。

出来れば、なるべく邪魔されないところで、ゆっくり見る事をオススメします。
良い感じに力抜けます。


そうそう、主人公が真面目な顔で合気道の膝行(しっこう)を行うシーン、好きです。
合気道には詳しくありませんが、主人公が(良い意味で)「普通でない」ところが良く出ていると思います。小林聡美さんがハマりすぎ!



(P.S.)
Pasco超熟食パンとかもめ食堂とのコラボCMが放映されているようですね。
http://www.pasconet.co.jp/chojuku/cm_preview.html


Amazonで→かもめ食堂



かもめ食堂 [DVD]
バップ

ユーザレビュー:
気持ち良かった。当時 ...
時間がとてもゆっくり ...
すがすがしく楽しくて ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
かもめ食堂 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
かもめ食堂 [JAZZと映画]sag@webry.info/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる