[JAZZと映画]sag@webry.info

アクセスカウンタ

zoom RSS 武士の一分(いちぶん)

<<   作成日時 : 2007/07/16 00:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

藤沢周平+山田洋次 featuring キムタク。
夫婦愛を描く一作。☆☆(←ちょっとシンプルすぎる気が・・・)



「男はつらいよ」シリーズなどで有名な山田洋次監督の藤沢周平3部作の3作目。


なんだか木村拓也氏が主演すると、そのオーラの所為か、
ただのキムタクの作品になってたりしてて苦手なんですけど、本作は、
ヒロインの加世役の檀れいさん、徳平役の笹野高史さんが上手くサポートされていて、
独特な家庭の雰囲気が出ていると感じました。
主人公の叔母役の桃井かおりさんも良いアクセントです。


ただ、全体を顧みると、夫婦の愛を描いているという点ではよく出来ていると思いますが、
いささか私にはシンプル過ぎに見えました。

特にラストにもう少し余韻を持たせた方が良いかなぁ、と。
何だか、あっさり過ぎませんか??
原作どおりって言われちゃうと、そうなんですけど・・・。
気づかないふりして、しばらくいるとか、もうちょっと間が欲しかったです。


そして、個人的に欲を言うなら、剣のシーンにもっと力が欲しかった。
主人公が、剣の腕を磨くシーンにもっと時間を割いて欲しかったです。
復讐に燃える雰囲気が弱いような。。。
でも、そうしてしまうとテーマがぶれちゃうのかなぁ、、。

この内容だと、シンプルな分、30分くらい時間を短くしても良かったかな、と思ったのでした。
原作も短編一作分で短いですし。


ちなみに原作は、隠し剣秋風抄(文春文庫)収録の「盲目剣谺(コダマ)返し」。
ほんの40ページ程度の短編。
この本に収録されている短編作品は、全て必殺剣をテーマに書かれている、
剣の道を感じる剣客作品集です。
長さもほどよく、心にグッとくる話も多いので、普段、本を読まないような、
時間の無い方にもオススメな一冊です。


最後に、ヒロインを演じた檀れいさん、宝塚出身の方なんですね。
◆檀れい Official Blog
http://danrei.jugem.jp/

◆武士の一分 公式Blog
http://blogs.yahoo.co.jp/ichibun1201


Amazonで武士の一分
武士の一分 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
武士の一分(いちぶん) [JAZZと映画]sag@webry.info/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる