[JAZZと映画]sag@webry.info

アクセスカウンタ

zoom RSS 片腕必殺剣 (1967年 香港)

<<   作成日時 : 2007/07/19 01:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

片腕を亡くしたヒーローが剣を振るう!ショウ・ブラザーズ作品。
☆☆☆(←ジミー・ウォングの何だか切ない顔が忘れられません)


幼い頃、父を殺されたファン・カン(ジミー・ウォング)。
その後、師匠の元で武芸の鍛錬に励み、かなりの腕前となったが、
元使用人の身分であったがため、高名な剣士である父を持つ兄弟子達、
師匠の実の娘である妹弟子からは嫌がらせや差別をされていた。
ある日、自分の存在が争いごとの種となることを嫌ったファンは、
自ら師の元を去る決意をする、、、。



古い作品ですが、悲劇のヒーローの誕生と存在感があります。
主人公を演じるジミー・ウォングに漂う圧倒的悲壮感。
これだけでも価値ある作品です。


いや、だって、あんな腕の無くし方じゃ、、、仕方ないです。
ちょっと想定外の場面で思わず笑ってしまいました。
さらに場面を盛り上げる音楽も、古くさい感じが逆に新鮮。


詳しいストーリは実際に見て欲しいんですけど、それ以外にも、

- 凄い拳術を身に付けてしまう主人公
- マジックハンドにしか見えない門外不出の武器(笑)
- 上半身裸が多い師匠の弟子達
- 長臂神魔の顔が最後まで見えない、けど身体の一部は見える、こだわりのアングル

などなど見所(ツッコミどころ)満載で、たまにはこんな作品も良いものだな、と思うわけです。


一般的に薦められるかは微妙ですが、
こういう作品が好きな人も多いと思うので、いつもより☆多めで。


Wikipedia
ジミー・ウォング


King Records での「片腕必殺剣」紹介
http://www.kingrecords-movie.com/sb/sb2/01_one_armed/one_armed.htm


Amazonで片腕必殺剣



片腕必殺剣 [DVD]
キングレコード

ユーザレビュー:
片腕シリーズの原点に ...
映画の記憶タランティ ...
ああ、ジミーさまっこ ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
片腕必殺剣 [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
片腕必殺剣 (1967年 香港) [JAZZと映画]sag@webry.info/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる